旅行に行く前に!沖縄旅行のポイントは

バラエティに富んだ離島ツアーの拠点、石垣港

沖縄本島なら自然が豊かな中央部のホテルの泊まるのも良いけれど、石垣島なら、港に近いホテルがおススメです。石垣港からは様々なツアーが出ており、日帰りで西表島や竹富島、日本最南端の波照間島まで高速船で行けちゃいます。
竹富島では、おじい様が集落を一回りする水牛車で三線を引きながらユーモアたっぷりに語ってくれます。そのあとバスで星砂で有名なカイジ浜へ行くも良し、徒歩や自転車で、昔ながらの素朴な家並みを楽しみながら島内を一回りするもよし。
波照間島の、群青色に透き通った海は、限られた旅程をやりくりしてでも一度はこの目で見ておきたいものです。
西表島のマングローブ林を船で回るツアーも捨てがたい。なんといっても、島ごとに違った風景を見られるのが離島ツアーの魅力です。半日コースもあるので、時間を有効活用して目一杯欲張りな旅ができます。

もちろん石垣島の島内にも見どころ満載、おすすめは天文台

島内めぐりに一日は割きたいですね。昼はバスで全島を一回り、できれば御神崎で夕陽を見られるツアーを選ぶと良いでしょう。
ここでお勧めしたいのは、夜の石垣島天文台。タクシーで往復するツアーが一年中あります。ガイドさんがついて天文台の屋根を開け、満天の星空を見せてくれたあと、天体望遠鏡で星や星雲などを実際にのぞかせてくれます。季節と時間帯によっては天文台の外庭へ出て、本州では見られない南十字星や、地球に最も近い一等星ケンタウロス座のアルファ星を見ることができます。
天文台では「星空教室」や「星まつり」など期間限定のイベントも行っているので、事前に日程を確認して、旅行のスケジュールを合わせられれば楽しさ倍増間違いなし!ですね。

与論島の旅行は、今なお残る手つかずの自然を思いっきり満喫できます。サンゴ礁で囲まれた与論島は、青い空、透明でコバルトブルーの海、白い砂浜など、魅力は尽きません。星好きの人にもおすすめです。