知っておこう!離島での楽しい過ごし方とは

島めぐりを楽しもう!

石垣島は、沖縄本島から南西に410キロメートルも離れた離島です。本島よりも台湾の方が近い距離にある南国感満載の島であると共に、八重山諸島の中心部として栄えているため、石垣島を拠点に島めぐりを楽しめます。
石垣島には離島ターミナルというフェリー乗り場があります。観光客はもちろん、空港のない離島に住む方々の足となっているのがこのフェリーです。観光には高速フェリーがおすすめ。石垣島からは、船で10分の竹富島が人気があります。昔ながらの沖縄の風景を楽しむことができる島で、細かくなったサンゴが敷き詰められた白い道に石垣で囲われた赤瓦の家々が立ち並んでいます。各家庭の屋根にのせられたシーサーもひとつひとつ違う顔をしていて愛らしいのですよ。
竹富島以外にも、西表島や小浜島、黒島、波照間島、鳩間島といった八重山諸島の各島へのフェリールートがあり、島めぐりの旅を楽しめます。

人の少ないビーチでプライベートタイムを満喫

離島である石垣島は、沖縄本島に比べて住人の数も観光客の数も少ないのが特徴です。石垣島にある数々のビーチには自然がそのまま残っていて、南国の景色を運が良ければ独り占めできてしまうチャンスもあるのです。夏の繁盛期には、海辺で遊ぶ観光客も多く独り占めとはいきませんが、秋から春にかけてはビーチも空いてきます。
沖縄らしいガジュマルの木やシダ植物が生い茂る道を歩き進めていくと、白い砂浜が出迎えてくれます。サンゴ礁で囲まれた石垣島は、ビーチにとどく波も穏やかで、泳げない人でも海に足をつけて清々しい気分を味わえます。人の少ないビーチはプライベート感がたっぷりで、波の音や鳥のさえずり、砂を掘るヤドカリなど自然を眺めながらゆっくりと過ごせますよ。都会で暮らす人にとっては極上の癒しの空間といえるでしょう。
石垣の自然を守る住民の方達に感謝しながら旅したいものですね。